今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

低価格国産ダウンジャケット「ナンガ」が売れまくる理由はコレ!

ニュース

低価格国産ダウンジャケット「ナンガ」が売れまくる理由はコレ!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

2015年秋冬、ダウンジャケット業界の話題を集めたのは、スポーツアパレル大手・デサントが手掛ける「水沢ダウン」のヒットだった。価格は8万円台からと高価だが、防水、保温性に優れ、羽毛が抜け落ちることもない「最強のダウン」はセレクトショップで前年比3倍の取扱いとなり、売れに売れた。2016年もハーフコート丈のモデルやフードなしのモデルを発売し、さらなるユーザー層拡大を狙っている。

しかし、今年はそのダウン戦線に異変が起きている。あるセレクトショップの店員は語る。「水沢ダウン目当てで来店した客が、『高品質で値段も安い』と、別のダウンを3枚まとめて買っていくこともありました」。

そのメーカーこそ、滋賀県に本社・工場を構えるNANGA(ナンガ)だ。従業員数わずか50人の会社だが「アーバンリサーチ」を始め、約50のセレクトショップと取引している。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

【送料無料】【ナンガ×オクトス】ポータブルダウンジャケット【NANGA/oxtos/防寒/コンパクト/軽量/登山】

価格:11,880円
(2016/12/28 10:39時点)
感想(10件)

「ナンガ」ってどんなメーカー? 

1番人気は「オーロラダウンジャケット」。表地に防水・透湿(水蒸気を逃がす)性の高いコーティングを施した軽量ナイロンを使用するなど、アウトドアシーンを想定したコンパクトな作りだ。生産は自社工場を中心にすべて国内で行っているが、3万4000円と手の届きやすい価格帯だ。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

【スマホエントリー10倍】NANGA[ナンガ] / AURORA DOWN JACKET / 全2色 (オーロラダウンジャケット ヨーロピアンダックダウン アウター ジャケット アウトドア ナンガ パッカブル) AURORA-DOWN-JACKET【AST】【WIS】

価格:36,720円
(2016/12/28 10:41時点)
感想(0件)

さらに、今年新たに打ち出した目玉商品が「タキビダウンジャケット」。難燃性の素材を使用しており、価格も4万5000円と5万円以下に抑えた。火に触れても穴があかないダウンとして評判は上々だ。これらのダウンは30~40代の男性を中心にヒット。会社の予想を上回る売れ行きで、来年用の在庫まで販売している状況だという。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

NANGA ナンガ タキビダウンジャケット TAKIBI DOWN JACKET 難燃素材(ケブラ)を使用した燃えにくいダウンジャケット/メンズ/防寒着/Made in Japan/日本製/バーベキュー/BBQ/キャンプファイヤー/焚火/2016年モデル/ダウンジャケット/NANGA/ナンガ 「通販のオファー」

価格:48,600円
(2016/12/28 10:42時点)
感想(0件)

実は寝袋メーカ-

ナンガのダウンの強みは何と言っても羽毛の品質だ。三重県の羽毛素材メーカー「河田フェザー」から直接羽毛を仕入れている。河田フェザーは国内屈指のメーカーで、高度な羽毛洗浄技術を有する。羽毛のホコリ・汚れ・アカを極限まで落とすため、ふわっとした、保温性の高い羽毛に仕上がるのだ。

上質の羽毛にこだわるのは、ナンガが寝袋メーカーでもあるからだ。ナンガの前身は横田智之・現社長の祖父が1941年に立ち上げた「横田縫製」。もともとは布団や寝袋の縫製を請け負う会社だったが、取引していたメーカーの生産が海外にシフトしたため、寝袋メーカーに転身した。

ただ、後発だったため、受注はオンシーズン(11月以降)になってからオーダーがもらえるという状況だった。そこで、「ダウンを作ってみるのはどうか、ということになった」(横田社長)。

期せずしてアパレルメーカーからOEM(相手先ブランドによる生産)の依頼があり、応じたのは2005年のことだった。6~8月にかけて生産し、9月に納品するというサイクルは、寝袋の売上げが立たない時期の補完にもなった。ダウン生産を手掛けたのは横田社長(当時は社員)。ノウハウは皆無だったが「先代の父とは違うことをやり、自分としての売り上げを作っていくことが必要という思いが強かった」と当時を振り返る。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

ナンガ オーロラ 750 DX (760FP) [ レギュラー / ショート ] [ nanga ナンガ オーロラ 750 | ナンガ シュラフ 冬用 | シュラフ 寝袋 | キャンプ オートキャンプ | ナンガ ][nocu] 楽天カード分割

価格:43,092円
(2016/12/28 10:43時点)
感想(4件)

現在は年間5万着を生産

初年度はわずか600枚のオーダーだったが、納期に遅れ、採算も赤字になるなど散々な状況だった。当時社長だった父親には怒られたが、横田社長は「もう1回やらせてくれ」と頼み込んだという。次の年、メーカーからの発注はなかった。それでも横田社長はあきらめなかった。「わからなかったことは、人を訪ねて色々と聞いて回った。自分なりに勉強を重ねた」(横田社長)。

再び依頼が舞い込んだのは2年後、2007年のことだ。1年間の研究の成果を生かし、今度はゴムやマジックテープのカットを事前に仕込むなど、納期に間に合わせるために多くの工夫を凝らした。この年、初めてしっかりと受注に応えることができたのだ。

それ以降は、メーカーとのOEMを通して加工技術を磨き、「ナンガ」のブランドを認知してもらうことに注力。セレクトショップとのコラボ商品も数多く手掛けてきた。昨年にはデザイナーも迎え入れ、自社ブランドの本格販売を始めた。東京都目黒区に直営店を初めて出店したのも昨年だ。600枚からスタートした生産量は右肩上がりで、現在は年間5万着を生産するまでに成長した。

今年は韓国での展開も始めた。「より多くの人に着てもらえるようにアジア諸国と米国をターゲットに攻めていきたい」と横田社長は意気込む。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

MENS (KRIFF MAYER×NANGA)DOWN JACKET 1529900A/ メンズ クリフメイヤー× ナンガ ダウンジャケット 1529900A

価格:35,704円
(2016/12/28 10:46時点)
感想(0件)

国内市場は激戦が続く

順調に拡大を進めるナンガだが、国内市場の競争は激しさを増している。最近では有名セレクトショップが国内メーカーと協力し、その名前を冠したダウンジャケットを推しているのだ。

ナノ・ユニバースは2012年から西川産業の羽毛を使用した「西川ダウン」に注力。価格は4~5万円台が中心で、今年度の売り上げは初年度4億円から420%増を見込む。

ユナイテッドアローズが運営する「ビューティー&ユース」がプッシュするのは石川の染色加工メーカー・小松精練の生地を使用した「小松ダウン」。こちらも3万円台が中心だ。ナンガにとって中心価格帯である5万円以下のダウン市場は今や、群雄割拠の様相を呈している。

ライバルの多くが海外で生産する中、ナンガの強みは国内生産だ。他社はシーズン前に決めた量を超えて生産することはほぼないが、ナンガの場合は取引先の要望に応えて増産したり、自社工場で修理の依頼にも柔軟に対応できる。「通常のミシン縫いでスタンダードなものしか作っていないからこそ、まだ生産数を増やすことができる」(横田社長)。

とはいえ、現在も生産数の8割はメーカーやセレクトショップとの共同企画商品だ。並み居るライバルの中で、売り上げを拡大していくためには、今年の「タキビダウンジャケット」のように自社オリジナル商品で継続的にヒット作を生み出していく必要があるだろう。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

送料無料レディース☆新作☆【16秋冬】【クリフメイヤー/KRIFF MAYER】NANGA2016年モデル /ナンガコラボフードコートダウンジャケット(レディースM・L)1629902L【ノベ対象】大人・レディース

価格:41,904円
(2016/12/28 10:47時点)
感想(0件)

簡単サイト作成!お金も稼げる!

【300人限定】スマホをタップするだけの簡単なお仕事

え?!

時給6,000円?

…てことは、日給48,000円?!

気になったら無料登録!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸